風邪をこじらせて一週間寝込みました。

日常

一週間ほど前、朝から喉の調子がおかしかったのですが、「まあ、明日には良くなってるっしょ」と特に薬を飲むこともなくその日を過ごしていました。

が、その日の夜、喉の痛みがだんだん増してきて、唾液を飲み込むのも辛いほどになってしまいました。

それでも

「明日には治ってるっしょ」

と、のんきな私…。

翌日、目が覚めると喉の痛みはさらに激しくなっていて、熱を測ってみると37.9℃もありました。

「うわ~~マジか、どうしよう…」

とりあえず手元にあるロキソニンでも飲んで様子を見ようとしたのですが、夫に

「それは病院に行った方が良いやつ」

と言われて病院に行くことになりました。とにかく

(あー、こんなご時世に熱を出してしまった…)

という罪悪感が強かったです。

しかも、こんな些細な咽頭痛から熱を出してしまうなんて、大人になってから風邪を引くなんてことが殆どなかった私にとっては結構ショックな出来事でした。

思い当たる事といえば、喉が痛くなった前の日の夜に毛布で寝てしまって、朝方ちょっと寒い思いをしたことです。

病院に行く前に、喉の痛みで声が出しにくい私の代わりに夫が電話をしてくれ、更には本人が苦手な車の運転まで買って出てくれました。

(なんて優しいんだ!)

夫にとって我が家の車(デミオ)を運転するのは初めてな上、この日は生憎の雨天で視界も悪くて大変だった事と思います。

病院では別室で診察して下さいました。

コロナのPCR検査と血液検査をしてもらい、PCRは陰性、血液検査の方は白血球の数値が高いと言われ、咽頭炎の薬を一通り出してもらいました。

翌日、病院から連絡がありました。

「血液検査の結果に異常があったので、明日病院に来てください」

とのこと。

夫は

「直ぐに来いってことは重病なのかな…?」

「かずちゃんが白血病だったらどうしよう…かずちゃんがいなくなったら生きていけないよう」

「心配で夜寝れないかも…」

と、かなり動揺していて、それを目の当たりにした私は思わず笑ってしまいました。

目の前でここまで動揺されると当の本人は冷静で居られるものなんですね。

逆に夫がいなかったら夜も眠れないほど不安になっていたかもしれません。

そう考えると夫の存在は有り難いですね。

勉強になりました(笑)

結局のところ、血糖値だけが異常に高かったそうで(食後だとしても高すぎる数値だそうです)、精密検査(尿検査とHbA1C)の結果、異常はありませんでした。

先生も

「あの数値は何だったんだろうねぇ…」

と首を傾げていましたが…とにかく何事もなくて良かったです。

というか、夫の不安を払拭できたのが一番良かったかな(笑)

しばらくはお薬を飲んで様子を見ていたのですが、治らないどころか日に日に症状が悪化していきました。

薬を飲み始めてから3日間のうちに

咽頭痛は治まる→咳と痰と鼻水が徐々に出始める→38度の高熱が出る様になる(解熱剤を飲んでもすぐ上がる)→激しい咳と緑色の痰が出る様になる

明らかに初期と症状が変わってきているので、もう一度受診することにしました。

検査の結果、抗生剤が全く効いていないという事で(白血球がさらに増加していました)、別の種類の抗生剤と症状に応じたお薬を処方していただきました。

このお薬がバッチリ効いてくれて、お陰様で今では熱も下がり快方に向かっています。

一番最初に症状が出始めてから今日で一週間が経ちました。

その間ずっとだるくて

トイレに行く・ご飯を食べるなどの最低限の事以外はほとんど何も出来ませんでした。

もちろんお風呂にも入れず、本日ようやく一週間ぶりにシャワーを浴びることが出来ました。(一週間も入らないのは人生初!汚ねっ笑)

夫には、家事・いなりの世話・水やりなど任せきりになってしまい、申し訳ないやら有難いやらといった心境です。

ちょっと前に夫からは

「かずちゃんが治ったらお祝いにご飯を食べに行こう」

と言われていて、とても嬉しい気持ちでいます。

私からも労いの気持ちを込めて、夫を温泉にでも連れていきたいなと思っています。

ちなみに本日、松野さんが

「大丈夫か?」

と、お見舞いのパンをプレゼントして下さいました。

美味しかったです!

松野さん、ありがとうございます!

その他、心配して下さった皆様にもこの場を借りて御礼申し上げます。

おまけ

療養中に食べたくなった食品

  • 味噌汁
  • 梅干し
  • 豆腐
  • たらみのフルーツゼリー
  • 釜揚げしらす
  • 無糖ヨーグルト
  • 蒟蒻畑
  • だし巻き卵
  • カルビーのフルグラ
  • ほうじ茶
  • カマボコ

胃腸系の症状は無かったので比較的食欲はありました。

ただ、油っこいものよりもサッパリしたものが食べたくて、これらをリクエストしていました。

血糖値が高いと言われた直後は何となく甘い物はあまり食べない様にしていました。

もちろん結果的には正常だったので、先生から食事制限されたわけでは無いのですが…気持ち的な問題ですね。(今は構わず摂取しています)

療養中は食べることしか本当に楽しみがない(かと言って食べたいものが限られる)ので、食べ物に関しては結構わがままを言ってしまいました。

何一つ文句を言わず、買ってきてくれた夫に感謝です。

療養中は常に頭がボーッとしていて食べたいものがとっさに出てこなかったので、今後の為にもここに忘備録として記しておきます。(次の時も同じものが食べたくなるとは限りませんが…)

キャンペーン期間中のお買い物でポイントプレゼント
キャンペーン期間中、 ポイントアップキャンペーンへエントリーし、 かつ キャンペーン期間中にお買い物いただくと、 条件に応じてポイント獲得できるキャンペーンを実施します。

コメント

  1. 宇佐木 マリ より:

    うさぎを飼ってます、YouTubeライブにお邪魔しました、宇佐木マリです。最近、公開YouTubeライブをされてないから、心配していました。お身体大事にしてください。回復祈ってます。初めてブログをされてるんだなて、いろいろ検索して知りました。これから読ませてもらいます。親が転勤族やったんと、いじめられやすかったから学生時代の付き合いは、人生で、広島に一人、熊本に一人で、私は今関西に住んでいます。もう母妹しかいませんが、毒母妹で、一緒には暮らしていません。団地にうさぎと住んでます。休日は一人で涙が出る時あります。なかなか友達てできないです。音楽が趣味で、ピアノや、フルートは習いにいって楽しんでますよ。カツヤさんの仕事を辞めた理由を見て、共感しました。カツヤさんは、賢い人なのになて思います。私も人間関係で転職をよくします。かずちゃんが、私の返信をYouTubeで丁寧に読んでくれて嬉しかったです。自分の夢に、お2人が出てきました。お2人と仲良くしてる夢で嬉しかったです。いなりちゃんも可愛いですね。自然な暮らしをしてるのは素敵だなと思います。末永くファンでありたいな、仲良くしてください。最後に、かずちゃんから、お返事きたら嬉しいな。

    • かずちゃん より:

      こんばんは。コメントありがとうございます。ユーチューブライブも来てくれたのですね。ありがとうございます。今は熱も風邪症状も無いんですが、まだだるさがあるので無理せず様子を見ているところです。楽器演奏が趣味とは素敵ですね。私もピアノが弾けるようになりたくて、大人になってからピアノ教室に通ったことがあります。一年ほどで辞めてしまいましたが…。また機会があったらピアノの練習をしてみたいなとは思っています。楽しみがあるのは良いことですよね。今は家庭菜園を楽しんでいます。うさちゃんを飼われてるとのこと、ペットは可愛いですよね。癒やされます。また気が向いたらライブ配信しますので、宜しくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました